設定

文字サイズ
標準
特大
背景色
標準
モード
大人
こども

書誌詳細

紀伊國屋書店 のサイトで見る

アメリカの戦争責任 戦後最大のタブーに挑む

  • 著者名竹田/恒泰‖著
  • 出版者PHP研究所
  • 出版年2015.9

貸出・返却・予約状況

  • 貸出状況 貸出可能

  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計8

所蔵事項

  • 登録番号111025462
  • 請求記号253-タ
  • 貸出区分貸出可
  • 蔵書区分一般図書 - 一般図書
  • 所蔵館黒松内情報館
  • 配架場所カウンター横
  • 所蔵状態所蔵

書誌事項

  • 書名アメリカの戦争責任 戦後最大のタブーに挑む
  • 書名ヨミアメリカノセンソウセキニン
  • 著者名竹田/恒泰‖著
  • 著者ヨミタケダ,ツネヤス
  • 叢書名PHP新書
  • 叢書番号1000
  • ISBN9784569826646
  • 国名コードJP
  • 言語コードjpn
  • 出版地東京
  • 出版者PHP研究所
  • 出版年2015.9
  • ページ285p
  • サイズ18cm
  • 価格¥820
  • 件名太平洋戦争(1941〜1945)
  • 内容文献:p278〜285
  • 内容紹介戦後最大のタブーである「アメリカの戦争責任」。原爆投下の目的が戦争終結を早めるためだった、という言説はどこまで正しいのか。資料を渉猟しながら、「日本を降伏させないこと」をアメリカが考えるようになった経緯を描く。
  • 著者紹介昭和50年旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。作家。「語られなかった皇族たちの真実」で第15回山本七平賞受賞。