利用案内
かんたんに探す
くわしく探す
お知らせ
新しく届いた本
本のグループ
ざっしいちらん
本の探し方
貸出ランキング
予約ランキング
リンク集
 
 
かんたんに探す
フリーワード
書名
著者名
出版者
出版年    
ISBN
件名
分類記号     
特集記事
和洋区分 資料区分
ソート 検索方法 結果件数
所蔵館   
本館
 
 

お知らせ

 

📖おすすめ図書

2020年11月18日
     
 

【ドメスティック・バイオレンス】 絶望のフチからの出発


平成13年、日本においていわゆるDV防止法が施行。ここ数年、DV(ドメスティック・バイオレンス)という言葉を耳にすることが増えつつあるが、果たしてその実態とは?

夫婦間、配偶者間の暴力とも呼ばれるDV―その被害を実際に受けた被害女性の“生の声”をリポート。さらに、DVにはどんな行為がふくまれるのか?被害にあった場合にはどうしたらいいのか?行政などでは、どんな対策が施されているのか?加害者を立ち直らせる方法は?など具体的な解決法を紹介する一冊。




 

★おすすめ図書★

2020年11月10日
     
 

【Because I am a Girl 私は女の子だから】



「作家たちが(おそらく私と同様の思いで)描き出した、
 幾人もの女の子たちの声を、
 私は私たちの言葉で、届けなくてはならなかった。」
――角田光代

本書は、国際NGOプランが推進するBecause I am a Girl

キャンペーンの主旨に賛同した作家が、それぞれ異なる国

のプランの活動地を取材し、その体験をもとに執筆して生ま

れた書き下ろし短編集です。




 

★おすすめ図書★

2020年10月29日
     
 

【フラワーデモを記録する】

  「花を持って集まりましょう」
  あの晩、日本の#MeTooが大きく動いた。
  全国の主催者たち、呼びかけ人・北原みのり、これまで性暴力事件を

  取材してきた新聞記者やライター、長年被害者とともに戦ってきた

  弁護士などの専門家、そして参加者による寄稿、刑法の問題点を整理

  したレポートなどでフラワーデモの1年間を記録する。

  フラワーデモにかかわった側からこのフラワーデモの一年間を振り

  返り、性暴力を許さない社会へと繋げていくための一冊です。




  ★おすすめ図書&DVD★ 2020年10月14日
     
 

【ボーイズ 

男の子はなぜ「男らしく」育つのか】


   女らしさがつくられたものなら、男らしさは生まれつき?

   男性、女性、すべての人のために。

   フェミニズムが台頭する今だからこそ、「男らしさ」の

   意味も再考するとき。

   自身も男の子の親である著者のギーザは、教育者や

   心理学者などの専門家、子どもを持つ親、そして男の

   子たち自身へのインタビューを含む広範なリサーチを

   もとに、マスキュリニティと男の子たちをとりまく問題を

   詳細に検討。

   ジャーナリスト且つ等身大の母親が、現代のリアルな

   「男の子」に切り込む、明晰で爽快なノンフィクション。


DVD 【六月燈の三姉妹】


   大型ショッピングセンターの進出で客足減少に苦しむ

   家族経営の和菓子店「とら屋」に、東京で暮らす次女

   奈美江(吹石一恵)が帰ってきた。

   家族とはいえ、母 惠子(市毛良枝)と父 眞平(西田

   聖志郎)は既に離婚。おまけに長女 静江(吉田羊)

   出戻りで、三女 (徳永えり)は目下不倫中とバラバラ。

   奈美江は奈美江で離婚調停中とワケありの身。

   この5人に東京から奈美江を追ってきた夫 (津田寛治)

   が加わり、和菓子店の再建のために背水の陣を敷く。

   そして、六月燈の夜に新作和菓子「かるキャン」で起死

   回生の大作戦に出るが、果たしてその結は・・・。






 

📖おすすめ図書📖

2020年10月12日
     
 

【なぜ、それが無罪なのか⁉】


   20193月、岡崎、福岡、静岡、浜松……

   相次ぐ性的虐待やレイプ事件への無罪判決

   2017年に110年ぶりに大幅改正されたものの、

   世界のなかでまだこんなに遅れている!

   2020年、性犯罪の刑法見直しなるか



   ✔ 女性の13人に1人が性被害経験あり

    2017年に刑法の性犯罪規定が改正されたものの不完全

    圧倒的に不利な立証責任が被害者側に課されている


   20193月、岡崎、福岡、静岡、浜松で、性的虐待や強姦

   事件に相次いで無罪判決が出された。

   なぜ、これらが無罪なのか!?



   先進国のなかでも非常に後れをとっている日本の刑法の問題

   点を、具体的な判例や話題の事件をもとに浮き彫りにし、

   刑法改正への提言を行う。






  ★おすすめ図書★ 2020年10月9日
     
 

【日本の女性議員 どうすれば増えるのか】

   衆議院/下院の女性議員比率は

  スウェーデン43.6%、イギリス29.4%、

  アメリカ19.4%、 韓国16.3%、

  ……日本9.5%は先進国中最下位。

  躍進<マドンナ・ブーム>の90年代から一転、

  停滞<チルドレン、ガールズ>の時代に、

   女性の政治参画を阻むものとは――


【私たちの声を議会へ】

  民主的であるはずの選挙を通じて、

  権力が一部の人間に集中してしまう――。

  日本では少数のエリートが意思決定を独占し、

  人びとの意見が政治に反映されない状態が

  続いている。

  機能不全に陥った代表制民主主義を再生させる

  にはどうすればいいのか。代表の機能を鍛え直し、

  政治と私たちとの回路を開くための真摯な考察。




  📖 おすすめ図書 2020年9月30日
     
 

【科学の女性差別とたたかう】 

 「“女脳”は論理的ではなく感情的」「子育ては母親の仕事」

 「人類の繁栄は男のおかげ」……。科学の世界においても、

 女性に対する偏見は歴史的に根強く存在してきた。こうした

 既成概念に、気鋭の科学ジャーナリストが真っ向から挑む!

 神経科学、心理学、医学、人類学、進化生物学などのさま

 ざまな分野を駆け巡り、19世紀から現代までの科学史や

 最新の研究成果を徹底検証し、まったく新しい女性像を

 明らかにする。

 自由で平等な社会を目指すための、新時代の科学ルポ

 ルタージュ。




 

☆おすすめ図書☆

2020年9月29日
     
 

【炎上CMでよみとくジェンダー論】


SNSが発達した現代、「CM」と「炎上」は切っても切れない

関係となった。とりわけジェンダーに対する無理解に端を

発する炎上案件は数知れない。

最近も日本赤十字社のポスターが炎上したばかりだ。

一方で、新しい人間や家族のかたちを描いて共感を抱か

れた広告もいくつか存在する。両者をわかつものは何だ

ったのだろうか?

東大で人気講義を開く社会学者が「CM」を切り口に語る、

目から鱗のジェンダー論。





 

♬ おすすめ図書 ♬

2020年9月24日
     
 

① Black Box ブラックボックス

   真実は、ここにある。
   信頼していた人物からの、思いもよらない行為。
   「不起訴相当」。
   検察審査会の判断は、何にもとづくのか。
   レイプ被害にあったジャーナリストが世に問う、
   法と捜査、社会の現状。
   「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたジャーナリスト
   伊藤詩織が、自ら被害者を取り巻く現状に迫る。
   圧倒的ノンフィクション。


② これからの男の子たちへ

   「男らしさ」から自由になるためのレッスン。
   弁護士ママが悩みながら考えた、ジェンダー平等時代
   の子育て論。
   男の子にこそ話そう、性のこと。
   これから大人になっていく男の子たち自身が、性差別や
   性暴力という問題に、自分が当事者としてどうかかわって
   いくかを考える。


③ 男が痴漢になる理由

   男たちは何を求めて痴漢をするのか?
   仕事や家庭でのストレス、
   満員電車……
   きっかけさえあれば、だれもが痴漢になる可能性はあります。
   実態を見誤っているうちは、痴漢は減らない!
   読者からの反響続々!
   「目からウロコがぼろぼろ落ちます」




 

★ おすすめ図書 ★

2020年8月28日
     
 

① THE TROUBLE WITH WOMEN
     問題だらけの女性たち

   女の脳はかつてスポンジでできていた⁉
   女の脳は小さい? 女が考えると生殖器がダメになる!?
   19世紀の女性たちがいかにバカバカしい迷信と固定
   観念に苦しめられたか、ユーモアと皮肉炸裂で描く
   イギリス発ジェンダー絵本!

   笑うに笑えない、19世紀ヴィクトリア朝の「大問題」
   な女性観。何をするにも「問題」があると決めつけられ、
   「歴史のゴミ箱」に捨てられた女性たちをすくい上げる!


② 日本のヤバい女の子

   昔々、マジで信じられないことがあったんだけど
   聞いてくれる?
   日本の神話や古典、民話を、登場する女性の心情に寄り
   添いながら大胆かつファンキーに読み解く、
   ウェブマガジン「アパートメント」の人気連載を、
   大幅加筆・修正しての書籍化。
   優しくもパワフルな文章に、フレッシュなイラストが
   映える、懐かしくて新しい昔話×女子系エッセイ、
   ここに誕生!




<<前のページ 11~ 20件を表示:全33件 次のページ>>
過去のお知らせを見る
  新着図書
1. 婦人公論 2021年5月25日号
2. 日経ウーマン 2021年6月号
3. ウィラーン 2021年5月号
4. タウンみやざき 2021年5月号
5. 婦人公論 2021年5月11日号
6. 季刊セクシュアリティ №100 2021年4月増刊
7. 季刊セクシュアリティ №101
8. 女性情報 2021年4月号



Ver 17.5